ノアの女性運転

ノアは女性向け?

ノアは大人気を誇る家族向けのミニバンです。「ウチもノアがほしいと思ってる」なんてご家庭も多いのではないでしょうか。

 

でも、「ノアの運転しやすさってどうなの?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

こちらのサイトは、ノアを女性が運転する際に気になる点を解説していきますの、ぜひ御覧ください。

 

見た目

 

なんといっても気になるのはノアの見た目でしょう。

 

 

見た目はどれもファミリー向けといった印象で、女性が乗ってもごく自然です。家族向けの車ですから、見た目もそういった点を考えて作られているのです。

 

車のボディカラーも豊富で様々な種類がありますから、自分の気に入った色を選ぶことができるでしょう。明るい色は少々少ないですが、例えばオーシャンミントはかわいいですし、男女どちらでも乗れるのではないでしょうか。

 

運転のしやすさは

 

見た目は重要なポイントですが、もっとも気になるところは、やはり運転しやすさでしょう。

 

運転席について

 

最初に運転席のチェックをしてみましょう。

 

ノアはモデルチェンジで床がかなり低くなりました。この結果、運転席の位置は大分低くなりました。ですが、シートに高さ調節機能をつけて、今までと変わらないシートの高さにしています。床が低くなったからと言って見晴らしが悪くなったわけではありません。

 

むしろ、ダッシュボードの位置が低くなり、フロントガラスが広くなったことで見晴らしのよさはアップしています。サイドウインドも広くなり、前方以外に左右の視界もよくなっています。前方は車の先端までよく見えますので、かなり運転がしやすくなっています。ミニバンの中では最上級の運転しやすさです。

 

紫外線対策

 

女性としては車に紫外線対策がされているのかも気になるのではないでしょうか。
最近では多くの車が窓ガラスに紫外線カット機能がついています。もちろんノアもです。

 

フロントガラスは紫外線99%カット、一部グレードではフロントドアも紫外線対策ガラスを装備しており、紫外線が気になる女性も安心です。

 

駐車のしやすさ(車の大きさ)

 

ノアは、車全体で見ればやや大型のミニバンというカテゴリです。ですから「ノアの駐車って難しくないの?」と思っている女性もいるでしょう。。

 

ノアはミニバンの中では車体のサイズが小さいので、最初回転半径5.5mと小回りもきいています、運転時に苦労することは少ないでしょう。インテリジェントパーキングアシストという駐車操作を助けてくれる機能もありますから、むしろかなり駐車しやすい車種です。

 

子育てで便利

 

小さなお子さんのいるママたちにもノアが使いやすい車なのかというポイントについて考えていきましょう。

 

安全機能

 

ノアには「Toyota Sefety Sense C」という安全機能があります。なかでも注目しておきたいのが「プリクラッシュセーフティシステム」です。

 

2種類のレーダーが障害物を発見、ぶつかりそうになったらドライバーに警告を出したり、ブレーキ操作をサポートして事故を防ぐことのできる機能です。

 

オートスライドドア

 

小さなお子さんやご年配の方をノアに乗せる機会が多ければ、オートスライドドアがあるかどうかも重要です。また、オートスライドドアであれば、買い物した荷物の積み下ろしもらくらくです。

 

ノアの中で一番安い「X“V Package”」はオートスライドドアがついていません。ですから乗り降りを楽にしたいならX“V Package”以上のグレードを選ぶようにして下さい。

 

収納スペース

 

ノアは家族でショッピングや遠くにレジャーに行くために使うご家族が多いと思います。そういった使い方をするのであれば、やっぱり荷室の大きさは大事です。

 

3列めシートをたたんでかなりゆったりしたラゲッジスペースを作り出すことができます。
この空間にはA型ベビーカーがすっぽり入ってしまいますので、使ってみればかなりらくだと思います。二列目シートの間にも収納スペースがありますので、大きな荷物だけでなく、小さな細かい荷物の収納も得意です。

 

シートアレンジ

 

女性は使う機会が少ないと思いますが、ノアは室内空間が広々ですから、車中泊もゆったりらくらくです。フロントシートを倒してセカンドシートと合わせることで、家族でものんびりすることができます。後列も全てフルフラットにしてしまえば、長距離移動で疲れた時に。小休止するなどの場面で役立つでしょう。

 

ノアのコスト

 

女性だけの問題ではありませんが、「コスト」については一番気になるところでしょう。燃費コスト以外にも車購入のコストについても考えていきましょう。

 

燃料費用

 

パワーユニット 燃費 1km走行あたりのコスト
ハイブリッド 23.8km/リットル 5.0円
ガソリンエンジン 14~16km/リットル 7.5円~8.5円

 

ハイブリッドは燃費性能23.8km/リットル、1km走ると「5.0円」となります。一般的な、ミニバンは1kmあたり8円くらいですから、燃料費用が60%程度になっています。

 

ガソリンエンジンは7.5円~8.5円と通常のミニバンと同じくらいの燃費コストになっています。ですから、ハイブリッドが燃費面では断然優れています。

 

車体価格

 

「燃費がよくても、車自体が高ければしょうがないでしょう」と思われる方もいるはずです。

 

ノアは220万円~320万円の価格帯となります。ですが、コンパクトカーのアクアでも180万円くらいですので、ノアはミニバンの中では安い方の車種なのです。

 

車体価格も燃費もかなりコスト面で優れていますから、かなり女性向きの車といえます。

 

さらに、ノアは値引き交渉すればもっと安く買うことができます。ただ、女性の場合「値引き交渉はよくわからない…」という方が多いと思います。でも、値引き交渉しなければ、数十万円以上も存してしまいます、ですから値引きは絶対にした方がいいでしょう。

 

↓のサイトでは、女性でもすぐできるノアの値引き交渉方法が紹介されています。値引きされていない定価では買いたくない!という方は、一度ご覧になってみてください。

 

→ノア値引き【確実に成功させる3つの条件】

 

 

商談前に愛車の買取額を調査しよう!

 

ノアを買おうと思っているのであれば、今の愛車は売却するはずです。その場合、多くの人はディーラー下取りを選ぶでしょう。

 

とはいえ、ディーラー下取りだと、買取相場価格よりも、平均16万円安く買い叩かれてしまうことがわかっています。

 

下取りを選んで大損しないためには、ネットの一括査定がおすすめ。愛車の買取相場がすぐにわかりますし、業者間で車の取り合いになるので価格が高騰しやすいのです。

 

 

↓使いやすい一括査定はズバット車買取比較です。
https://www.zba.jp/

 

 

査定自体は1分程度で終了しますし、その場ですぐに愛車の買取相場が見られるのも利点です。

 

 

↑のような形で、その場ですぐに愛車の買取相場価格がわかります。そうすれば、ディーラーで下取り価格を提示されても安いか高いかすぐに判断でき、商談が有利に進められます。

 

新車を購入するなら、まず今の愛車の購入価格は必ずリサーチしておきましょう。

 

https://www.zba.jp/